愛媛の家づくりを応援するサイト MONTA HOME愛媛の家づくりを応援するサイト MONTA HOME
愛媛【松山・今治・新居浜】の家づくりを応援するサイトMONTA HOME(もんたほーむ) » 愛媛の注文住宅に役立つ補助金制度 » 宇和島市の住宅補助金制度

公開日: |最終更新日時:

宇和島市の住宅補助金制度

当記事では、宇和島市で住まいを建てた方が利用できる住宅補助金制度について説明しています。宇和島市で注文住宅を検討している方はぜひチェックしてみてください。

宇和島市南予の木で家づくり支援事業補助金

南予産の木材を用いた住まいを新築する方を対象に、「宇和島市南予の木で家づくり支援事業」における補助金の交付を行っています。宇和島市をはじめとする、南予産木材の利用促進を図る制度。木材産業および市内の建築関係産業の振興、宇和島における林業の活性化および森林の健全化を目標としています。

南予産木材の使用量1m³あたり、12,000円の補助を行っているのが特徴。(※上限額は、250,000円)

対象の条件

市内に自らが住むための木造住宅を新築し、以下に記載するすべての条件に該当する方。

必要な書類

申請書の提出先

農林課振興係へ必要書類の提出が必要です。

宇和島市新エネルギー設備等導入費補助金

宇和島市では、市民の環境保全意識を高めるための取り組みを行っています。地球温暖化を防いで環境に優しいまちづくりを推進するため、新エネルギー設備等を取り入れる市民の方に対して、予算の範囲内で補助金の交付を行います。

補助金は、家庭用燃料電池(エネファーム)と電気自動車がそれぞれ一律100,000円、家庭用リチウムイオン蓄電池が一理75,000円です。

対象の条件

共通している事項

家庭用燃料電池(エネファーム)・家庭用リチウムイオン蓄電池

電気自動車

必要な書類

共通している事項

家庭用燃料電池(エネファーム)・家庭用リチウムイオン蓄電池

電気自動車

申請書の提出先

生活環境課 環境政策係(内線2234)

宇和島市市の住宅補助金について

宇和島市で注文住宅を建てると、南予の木で家づくり支援事業補助金や新エネルギー設備等導入費補助金などの補助金を受け取れます。 南予産木材の使用量1m³あたり、12,000円補助をもらえたり、家庭用燃料電池(エネファーム)と電気自動車がそれぞれ一律100,000円の補助をしてもらえたりするので、該当する方はぜひ利用してみましょう。

ZEH水準かつ長期優良住宅の注文住宅が建つ
愛媛の工務店・ハウスメーカー
KOYO(興陽商事)
KOYO_施工事例01

引用元:KOYO(興陽商事)
(https://1-koyo.com/gallery/details_934.html)

プラン:EAZY conomy
1,690万円/28坪

※オプション料
長期優良住宅:追加なし
ZEH:追加なし

住宅性能チェック

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞
  • 耐震等級3
  • 高断熱サッシ
  • 全室LED

公式HPで家づくりの
詳細をチェック

電話で家づくりの相談をする

七福ホーム
七福ホーム_施工事例01

引用元:七福ホーム
(https://shichifuku4729.com/post_gallery/%ef%bd%94%e6%a7%98%e9%82%b8/)

プラン:7HOUSE
1,848万円/32.05坪

※オプション料
長期優良住宅:要問合せ
ZEH:要問合せ

住宅性能チェック

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞
  • 耐震等級3
  • 高断熱サッシ
  • 全室LED

公式HPで家づくりの
詳細をチェック

電話で家づくりの相談をする

ステーツ
ステーツ_施工事例01

引用元:ステーツ
(https://www.states.co.jp/gallery/14836/)

プラン:BEING CP style
1,774.6万円/30坪

※オプション料
長期優良住宅:46.42万円(税込)
ZEH:242.583万円(税込)

住宅性能チェック

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞
  • 耐震等級3
  • 高断熱サッシ
  • 全室LED

公式HPで家づくりの
詳細をチェック

電話で家づくりの相談をする

※SUUMOまたはHOME'Sに掲載されている愛媛県にある工務店・ハウスメーカーのなかから、公式HPにZEH住宅対応、長期優良住宅対応、明確な通常料金プランの記載がある会社の中から料金が安い3社を選出。(2023年1月16日時点)

※各社のプランはKOYO(興陽商事)『EAZY conomy』、七福ホーム『7HOUSE』、ステーツ『BEING CP style』を参考にしました。